藤本昇特許事務所
藤本昇特許事務所トップページへ 沿革 当事務所の特色と組織 弁理士ガイド 資料室 地図 リンク集 サイトマップ お問い合わせ
  特許・実用新案 意匠 商標 国際分野 知財法務 知財コンサルタント 各種知財の業務内容
サン・グループトップ > 藤本昇特許事務所 > 事務所の特色と組織
事務所の特色と組織
藤本昇特許事務所の特色と組織
 当事務所は、常に企業に密着して企業のために「何ができるか」、「何が企業の利益になるか」を念頭において知的財産分野において、「従来型の事務的事務所形態」ではなく、「戦略的事務所形態」を創造すべく日々努力しております。
 当事務所の特色の第1は、組織が各部門別に明確に区分され(現在9部門)、そのうち特許第1、第2、第3、意匠、商標、国際、知財法務、知財コンサルタントの各部門にはそれぞれ専門の弁理士(現在15名)が所属し、直接企業の指導や業務を遂行していることにあります。
 第2は、出願系に関しては、出願前の技術・製品の開発工程から出願までの戦略を重視し、特許開発会議やデザイン戦略会議、商標対策会議を実践してから出願するシステムを採用し、該システムが大変好評を得るとともに、該システムによって企業ビジネスに知財の有効活用が図られていることです。
 第3は、当事務所は知財紛争や知財訴訟の件数が他事務所より格別多く(既に侵害訴訟は120件以上受任)紛争や訴訟に強い・戦う事務所として評価されている他、侵害鑑定も高い信頼度を得ていることです。
 第4は、意匠分野においては所長の弁理士藤本昇は我が国の第一人者で、この分野における出願戦略件数や出願件数並びに侵害訴訟件数、さらには侵害鑑定件数は我が国のトップクラスの実績があることです。
 第5は、姉妹機関である知財情報調査企業・株式会社ネットスとの連携による調査や情報分析によって登録性が高く、公知資料入手が早く無効対策や侵害対策に有効に機能していることです。

 以上のように、当事務所は知的財産分野においてその実績と経験が中堅・中小企業から大手企業まで高い評価を得ていますが、これは当事務所が常に企業の利益代表の立場から企業の知財戦略の立案から実行迄一貫して我が国唯一の知的財産のプロ集団(サン・グループ)として日々活動していることに裏付けされています。
 弁理士ガイド 当事務所概要 東京オフィスガイド
このページのトップへ
藤本昇特許事務所
ネットス
パトラ
個人情報について採用情報メール Copyright (C) Fujimoto & Partners 1998-2010. All rights reserved.
藤本昇特許事務所 サン・グループ